旭ハウスの提案するバリアフリー
これからの住まいは、だれでも、快適で使いやすい、
「for All」と言う考えの下に、5年後、10年後の使いやすさも
考えてさまざまなニーズに対応できるデザインを追及しました。
介護保険の認定を受け、要介護又は要支援となった場合、20万円以下のリフォームは、
1割負担になります。
◇介護保険対応リフォーム一覧◇
・手すりの取付
・段差の解消
・すべり止めや円滑に移動するための床または通路などの取替え
・引き戸などへの扉の取替え
・洋式便器などへの便器の取替え
・その他、住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
20万円を超えるものに関しても、20万円分までは、対象になります。
要介護度が3以上上がった場合、再度申請できます。(福山市独自制度)
引越し等で、住居が移転した場合は再度申請できます。(介護施設等への入所の場合を除く)
 また、市町村によっては、要介護度の高いものに対しては、20万円を超える代金に関しても一定額の範囲内で、還付される場合があります。
介護保険の対象にならない高齢者であっても、高齢者の一人暮らし世帯や住民税の非課税世帯などに対しては、費用の一部が補助される場合もあります。
 高齢になると、身体機能の低下などにより、室内での転倒リスクが増加します。
高齢者の転倒は、骨折等を伴う場合も多く、長期の治療、リハビリが必要になる事が多く、また寝たきりや歩行等の介助が必要になる場合もあります。
 住宅改修をすることで、このようなリスクを抑えることができ、また本人や介護する家族等の負担を軽減し、 日常生活が「楽」になります。
同じ住宅改修でも、本人の身体能力や介護の状況、建物のつくり等によって、状況が変わってきます。
 一般に、高齢になると環境適応能力が低下している場合が多いので、なるべく大規模な改修をさけ、本人の状況や希望、 予算等に合わせたリフォームを提案していきます。

◇固定資産税の住宅のバリアフリー改修に伴う減額措置 (期間限定:~H28年3月31日)
2007年(平成19年)1月1日に現存する住宅について,2007年(平成19年)4月1日から2015年(平成25年)3月31日までの間に,一定のバリアフリー改修が行われた住宅(居住部分が2分の1以上)について,100平方メートル分までを限度として,翌年度の固定資産税の税額が3分の1減額されます。
<要件>次の(1)及び(2)のいずれにも該当するもの
(1) 次のいずれかの者が居住する既存の住宅(賃貸住宅を除く。)
 1.65歳以上の者
 2.要介護認定又は要支援認定を受けている者
 3.障害者
(2) 次の工事で,補助金を除く自己負担額が30万円以上のもの
1.廊下の拡幅                  2.階段の勾配緩和
3.浴室の改良                  4.トイレの改良
5.手すりの取り付け          6.床の段差の解消
7.引き戸への取り替え      8.床表面の滑り止め化
省エネ改修又は、耐震改修による固定資産税の減税と同一年度でも利用可能です。

◇所得税の住宅のバリアフリー改修に伴う特別控除(期間限定:~H26年3月31日)
上記1~8の改修工事に掛かった費用(最大200万円)の10%を控除します。
年収3,000万円以上の場合は利用できません。
また両制度とも、介護保険(最大18万)や補助金を利用した額を除いた、自己負担額を元に計算します。
所得税の場合、年齢は50歳以上のものになります。
※バリアフリー改修に伴う減税制度は2種類あり、本人の希望により選択が可能です。
また、50歳以上の方による自宅のバリアフリー改修で、借り入れを行う場合は、住宅ローン減税の対象になります。 ただし、バリアフリー改修による所得税の控除とは、併用することが出来ません。

手すりの取付
手すり立ち上がりや移動の際に補助してくれるのが手すり。
縦型手すり、横型、斜め型手すりなど。
動作にあわせて、取り付けることが大切です。
トイレのリフォーム ~使いやすいトイレには、空間の寸法が重要な要素
段差のある和式便器を洋式トイレに変えるリフォーム
和式を用いた内法寸法は、狭いことがあります。
高齢者など力の入りにくい人は、立つとき前傾しやすいので、コンパクトタイプを使い、前方の空間を確保しました。
段差解消
①段差解消と滑りにくい床への変更

DKとダイニングの間の段差をなくし、移動しやすくし、滑りにくいフローリングを使うことにより、高齢者や足の不自由な人でも自立歩行がしやすくなりました。
②段差解消スロープの取り付け
段差をスロープにして、室内での移動もラクラク。
高齢者の場合、まったく平だと思って歩いていいるところに、ちょっとした段差があるとつまずき、 かなり激しく転倒して、家具などに頭をぶつけたり、床に腰を打ちくけて骨折するケースが多く見られます。
そのため、ちょっとした段差がある場合は、傾斜材を 取り付けて、つま先が引っかかるのを避けます。
段差の高さにあわせて15mmから50mmまで選べます。色はライトナチュラル、ペールブラウン、ブラウンの3色から選べます。
段差解消スロープ